82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。

みさきまぐろきっぷ Sep.4,2017 vol.1

いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます、82年おとこです。

先日、みさきまぐろきっぷを使い、日帰りで三浦半島を楽しんできましたのでご紹介いたします。

さて、みさきまぐろきっぷとは何かと言いますと、京急電鉄が販売するお得な企画きっぷです。ちなみにお値段は品川発で3,060円、乗車駅で多少異なります。

内容は品川駅以南の京急駅から三崎口までの往復乗車券(1,720円相当)に加え、三浦海岸駅以南のフリーエリアで京急バス乗り放題(使い方にもよりますが1,000円相当)、そして提携飲食店での食事(1,000円〜2,000円相当)、さらにはレジャー施設利用券(1,000円〜2,000円相当)がセットになっています。

合計6,500円相当の内容が半額以下の3,060円で楽しめてしまう、何ともお得な切符がみさきまぐろきっぷなのです。

www.keikyu.co.jp

早速、品川駅できっぷを購入し電車へ乗り込みます。出かけたのは平日、朝のラッシュ時間を避けて9時半頃の電車に乗車です。

f:id:gmkb:20170905231323j:plain

 

品川から三崎口までは快特で約70分、流れ行く景色を見ているとあっという間です。京急の加速感は、他線では味わえない独特なものですよね。

f:id:gmkb:20170905231532j:plain

三崎口駅に到着。ホームからは茂みに消えていく線路の姿、終点感がひしひしと伝わってきます。

f:id:gmkb:20170905231339j:plain

駅前のバスターミナルから三浦半島の旅は始まります。

f:id:gmkb:20170905231331j:plain

 

乗り場は2箇所、1番乗り場からは油壺方面のバス、2番乗り場からは三崎港・城ヶ島方面のバスが出ています。着いて早々ですが、お目当ての食事を求め三崎港へ向かいます。

f:id:gmkb:20170905231346j:plain

バスで三崎港までは15分位で到着です。バスの乗客ほとんどが、みさきまぐろきっぷ利用者のようです。

 

f:id:gmkb:20170905231359j:plain

三崎港からバスに乗り換えてもいいんですが、折角なので港町を散策してみます。三崎港から歩いて10分位でくろば亭に到着です。バスを使う場合は日ノ出下車です。

retty.me

f:id:gmkb:20170905231425j:plain

店内はカウンター席と座敷席、今回はカウンター席で頂きます。昔ながらの居酒屋といった雰囲気で、味わいのある店内です。

f:id:gmkb:20170905231442j:plain

 みさきまぐろきっぷ用のメニューが用意されています。ボクたちがお店に入った11時頃は空いていましたが、あっという間に混み始め食事中には行列まで出来ていました。くろは亭は早めの到着、または昼時を外した方が良さそうです。

f:id:gmkb:20170905231452j:plain

みさききっぷのメニューとは別にトロ串の揚げと、トロ串の焼きも注文してみました。特に揚げの方はすんごくジューシーですがしつこく無く、サクサク食感と相まって癖になりそうな味です。お値段はどちらも一本350円です。

f:id:gmkb:20170905231516j:plain

f:id:gmkb:20170905231527j:plain

 メインのまぐろカルビ焼肉定食です。血合いの部分を使っているようですが生臭さは全く無く、歯切れの良い肉を食べているかのような食感で、味ボリューム共に満足できる内容です。

f:id:gmkb:20170905231537j:plain

 妻が注文したのは舟盛り定食、大きめに切られた刺身6点盛りです。中々豪華なランチとなりました。これだけでも2,000円くらいの価値はあるのではないでしょうか。

f:id:gmkb:20170905231511j:plain

お土産にお店特製のタレを頂きました、ごちそうさまです。

f:id:gmkb:20170905231502j:plain

お腹もいっぱいになったところで次なる目的地、城ヶ島へと向かいます。