82年おとこ、77年おんな。

ホテルと買物の備忘録、徒然なるままに書いています。

ランチ:ザ・ダイニングルーム@ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

今回はストリングスホテル東京インターコンチネンタル内のレストラン「ザ・ダイニングルーム」で開催中のブッフェ、「オータム・グルメショーケース〜パステル・ハロウィン〜」のランチをご紹介いたします。

f:id:gmkb:20191012132758j:plain

内容はメイン5種類(ディナーは6種類)から一品をオーダー。前菜、サラダ、パン、デザート、コーヒー、紅茶はブッフェスタイルとなっています。開催期間は10月31日までで、料金は平日5,445円、土日祝6,655円(いずれもサ・税込)、なかなか人気のイベントらしく、平日に利用しましたがランチタイム最終時間帯の13:30しか空きが無い状況でした。

intercontinental-strings.jp

続きを読む

クラブインターコンチネンタルラウンジ@ストリングスホテル東京インターコンチネンタル Sep.30,2019

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

今回はストリングスホテル東京インターコンチネンタルに宿泊した際に利用した、クラブインターコンチネンタルラウンジ(以降、ラウンジ)をご紹介します。
ラウンジの利用条件はクラブルームまたはスイートの有償宿泊者、または招待制ステータスであるロイヤルアンバサダー保有者に限られている様です。ヒルトンやマリオットなどの様に該当客室へのアップグレードや、一定のステータス保有者にアクセス権が認められる訳ではなく、利用条件のハードルは結構高いなという印象です。

なお、ストリングスホテル東京インターコンチネンタルでは、今までラウンジの用意は無く、客室のミニバーやダイニングでの飲食でラウンジ相当の対応としてきた様ですが、2019年9月15日に館内リニューアルの一環としてクラブインターコンチネンタルラウンジがオープンしました。ラウンジの場所はロビーフロア26階の奥、中国料理のチャイナシャドーの隣に位置します。特に用がなければ足を運ばないであろう場所にひっそりと佇むラウンジですが、一歩足を踏み込むと明るく開放的な空間が広がっています。

f:id:gmkb:20191002002453j:plain

続きを読む

宿泊:ストリングスホテル東京インターコンチネンタル ザ・スイート AMBASSADOR Sep.30,2019

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。
本日はストリングスホテル東京インターコンチネンタルのご紹介です。ホテルの場所は品川駅港南口から徒歩1分程の品川イーストワンタワー内、新幹線改札至近でオフィスビルが立ち並ぶ中にあり、同じ品川でも高輪口方面に林立するプリンスホテルとは随分と趣が異なる印象です。
今回は返金不可の会員レートでクラブキング(39,610円 サ・税込)を予約。アンバサダー特典で、ザ・スイートへのアップグレードとなりました。f:id:gmkb:20191001230249j:plain

intercontinental-strings.jp

続きを読む

買物:グランドセイコー スプリングドライブクロノグラフ SBGC001

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。
久しぶりの時計選び、今回はグランドセイコーのスプリングドライブクロノグラフSBGC001を購入してみました。
ここ数年、国産時計メーカーもスイス勢を中心とした高価格帯の製品に、真っ向から勝負できるクオリティの時計開発を進めているようですが、その筆頭がグランドセイコーではないでしょうか。その表れか、アメリカにグランドセイコーの名を冠した販売会社を設立したり、2017年からは従来文字盤にあった"SEIKO"のロゴを取り払い、"GS GRAND SEIKO"のロゴのみを配し、ブランドイメージの刷新を図っている様子も伺えます。

実際に購入した時計はユーズド(2015年生産)で53万円程、定価では928,000円(税込)と国産時計としては高価なモデルですが、動力にはクォーツと機械式のハイブリットとも言えるセイコー独自のスプリングドライブ、そこにコラムホイール式のクロノグラフ、さらにはGMT機能まで乗っけて、えらくコストのかかったケースに納められた点を考慮すると、むしろバーゲンプライスとも言えるのでないでしょうか。
また、デザインに関してはグランドセイコーのスタイルそのものですが、独特なレイアウトのインダイヤルと、ユニークなバランスのクロノグラフプッシャーが個性的なモデルです。f:id:gmkb:20190922000244j:plain
www.grand-seiko.com 続きを読む

買物:ニューバランス W1500SMK

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

本日はニューバランスのW1500SMK(28,080円税込)をご紹介します。こちらは型番がWから始まるレディスモデル(メンズモデルはM1500)で、しばらく前に奥さん用に購入した一足、現在は生産終了となっています。
M1500に関しては1989年の発売から今年で30周年、伝説的なM1300の後継機種として生み出されたモデルですが、従来のNマークが大きなニューバランスのスタイルから決別し当時としては先進的なデザインを纏い、細身でありながら安定感のあるフォルムは現在でも根強い人気があります。f:id:gmkb:20180923192231j:plain

shop.newbalance.jp

続きを読む
スポンサーリンク