82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

比較 京都のお宿:翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 or ザ・リッツ・カールトン京都

ご覧頂きましてありがとうございます。この月末、どこかに泊まりに行きたいなと色々と調べている82年おとこです。

都内から少し遠出を、と言っても一泊ですが、手持ちのスターポイントを使っての宿泊を考えると、軽井沢マリオット、ウェスティン仙台、大阪マリオット、セントレジス大阪、ザ・リッツ・カールトン大阪あたりが候補になりましたが、今回は初夏の京都を訪れてみることにしました。

さて、京都でマリオットグループの宿泊先となると、ウェスティン都ホテル京都、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都、ザ・リッツ・カールトン京都の3つから選ぶことになります。

f:id:gmkb:20180517204345j:plain

f:id:gmkb:20180517192242j:plain

それにしても、京都の宿泊費は高騰はすごいですね、特にザ・リッツ・カールトン京都においては、平日の最もスタンダードな客室で一泊12万円弱(サ・税込)と、お金持ちインバウンドがメインの客層なのかなと思わせる価格設定です。

とは言っても、今回はポイント利用での宿泊なので価格は気にせずに、折角ならば京都におけるマリオット2大巨頭、鴨川のザ・リッツ・カールトン京都、嵐山の翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のどちらかに泊まってみようかと。

まず、宿泊に必要なポイントですが、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都が30,000スターポイント(=90,000リワードポイント)、ザ・リッツ・カールトン京都が70,000リワードポイント(=23,334スターポイント)となっており、マリオットとSPGのカテゴリー統合がされていない現状においては、ザ・リッツ・カールトン京都のお得さが際立ちます。

ポイント単価(スターポイントベース)では、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都が約2円、一方でザ・リッツ・カールトン京都は約5円となっており、国内全て比べても最もポイント単価が高いホテルではないでしょうか。

続いて宿泊時の特典やサービスですが、プラチナエリートの特典として主なものは客室のアップグレード、レイトチェックアウトが両ホテル共通ですが、無料朝食は翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都のみ適用され、クラブラウンジについては両ホテルともにありません。また、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都ならではの無料サービスがあり、京都駅からのタクシー送迎もしくは、嵐山各駅から人力車による送迎が提供されます。さらに15時〜17時はシャンパンディライトの名で、シャンパンサービスも提供されます。

このように比べてみると、どちらも甲乙つけがたい、というかボクならどちらでも大満足なホテルですが、自然に囲まれた嵐山でのんびりと、ここにしかない翠嵐を体験してみようかと、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都の予約を行いました。

f:id:gmkb:20180517192250j:plain

www.suirankyoto.com

宿泊の様子はこちらをご覧ください。 

www.82otoko.com

 

 

スポンサーリンク