82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

宿泊:翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都 プレジデンシャルスイート”翠嵐” PLATINUM PREFERRED Jly.6,2018 vol.1

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

梅雨入り前の京都へ一泊旅行、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都へ宿泊しましたので、その様子をお伝えします。

f:id:gmkb:20180607200444j:plain

www.suirankyoto.com

さて、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都ですが、場所は風光明媚な嵐山、京都駅からは車で30分程と少し距離があります。そこで、ホテルのサービスとして京都駅からタクシー送迎、または各線嵐山駅から人力車での送迎が提供され、いずれも片道分が無料となります。

人力車にも惹かれましたが、今回は京都駅からタクシー送迎をリクエストしました。宿泊の三日前までにホテルに連絡をしておくと手配してくれます。提携はMKタクシーで、京都駅前のMKタクシー乗り場で名前を告げるだけ乗車可能です。

f:id:gmkb:20180607201533j:plain

翠嵐ラグジュアリーホテル京都のエントランスは、ホテルというより旅館の雰囲気そのものです。また、タクシーを降りた瞬間から、こってりとしたおもてなしでレセプションまで案内していただけます。

f:id:gmkb:20180607202018j:plain

レセプションまでは小径を進みます。

f:id:gmkb:20180607202050j:plain

道沿いには、茶寮 八翠があり、こちらはカフェとして運用されています。

f:id:gmkb:20180607202254j:plain

2015年に開業した翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都は、3階建の客室棟と先ほどの茶寮 八翠、そしてレセプションとメインダイニングの京 翠嵐と、計3つ建物で構成されています。また、部屋数は39部屋と小規模ゆえ、ホテル内どこへ行くにも、細やかな連携がとられているようで、客室番号や名前を告げつとも、サービスが受ける事ができました。

f:id:gmkb:20180607202542j:plain

レセプションに到着すると着物姿のコンシェルジュの方が、チェックインから食事の予約など丁寧に確認を進めてくれます、それはもう丁寧に。

そして、アップグレードについてですが、プラチナプリファードという事で、一番広いお部屋を用意しましたと、なんとも嬉しいお知らせを頂きました。

f:id:gmkb:20180607202819j:plain

今回はスターポイント(30000ポイントでモデレートルーム)を使った予約でしたが、果たしてどこまでアップグレードをして頂けるのだろうかと。

f:id:gmkb:20180608072730j:plain

期待に胸を膨らませ、部屋まで案内してもらうと、そこはプレジデンシャルスイート"翠嵐"でした。なんとまぁ、ここまでのアップグレードをして頂けるなんて、思いもよりませんでした。ちなみに有償宿泊の場合は40万円近くするお部屋です、ボクはお金を払っては泊まれません。

f:id:gmkb:20180607210703j:plain

お部屋は建物の先端にあり、広さは94平米、2面にテラスが設けられたまさにワンダフルビューです。

f:id:gmkb:20180607213304j:plain

それでは、お部屋の紹介です。まず、入口の扉を開けると廊下が少し続きます。

f:id:gmkb:20180607213554j:plain

窓からは渡月橋が望めます。

f:id:gmkb:20180607214242j:plain

入口近くにはゲスト用のトイレが用意されています。

f:id:gmkb:20180607214004j:plain

その先には広々としたリビングが広がります。

f:id:gmkb:20180607214518j:plain

リビング奥は、大きな窓に囲まれたダイニングスペースです。窓からの眺めは保津川です。

f:id:gmkb:20180607214834j:plain

ミニバーはリビング側、テレビ横に配されています。また、コンプリメンタリーはボトルウォーターやネスプレッソ、ティーバッグのお茶などに加え、缶入りの紅茶も用意されています。

f:id:gmkb:20180607215206j:plain

ミニバーの横を進むとベッドルームです、こちらからは嵐山の山々を楽しめます。いまの季節は本当に緑が深く爽やかな景観です。

f:id:gmkb:20180607215717j:plain

ベッド横には、一人がけのソファとオットマンがあります。

f:id:gmkb:20180607220217j:plain

クローゼットはこのような感じです。クローゼットの横にはラゲッジ台、その下にはセキュリティボックが収納されています。

f:id:gmkb:20180607215928j:plain

ウェットスペースは部屋の中央にレイアウトされ、全体をガラスで囲われた作りなっており、ベッド側そしてリビング側からも見通しよく、広々とした部屋にさらなる開放感をもたらしてくれます。

f:id:gmkb:20180607220436j:plain

ベイシンは向かい合わせに二台セットされています。

f:id:gmkb:20180607220642j:plain

アメニティはルメードゥが用意されています。

f:id:gmkb:20180607220905j:plain

また、ホテルオリジナルの石鹸、柚子ひのきの香りもあります。

f:id:gmkb:20180607221101j:plain

なお、基礎化粧品はリクエストベースですが、コトシナという京都ブランドの製品です。こちらは、市価5000円位するようですね。

f:id:gmkb:20180607221436j:plain

f:id:gmkb:20180607230010j:plain

ウェットスペースの奥には扉が二つあり、片方はトイレです。

f:id:gmkb:20180607221735j:plain

もう一方はシャワースペースです。このシャワースペースかなり広いです、一般的な倍くらいの広さがあります。

f:id:gmkb:20180607222225j:plain

シャワーの奥からテラス出ると、露天風呂があります。外側はヒノキで内側は石造りのお風呂です。広さ深さも十分でゆったり寛げます。

f:id:gmkb:20180607222737j:plain

また、引き戸を開けると、解放的な露天風呂に早変わりです。

f:id:gmkb:20180607223242j:plain

お風呂から立ち上がると眼下には保津川。

f:id:gmkb:20180607222901j:plain

露天風呂から続くテラスからは、嵐山の見所を独占できるような眺めが楽しめます。

f:id:gmkb:20180607223632j:plain

f:id:gmkb:20180607223752j:plain

f:id:gmkb:20180607223949j:plain

しばらくするとフルーツとお菓子が届けられました。

f:id:gmkb:20180617234847j:plain

また、翠嵐ラグジュアリーコレクションホテル京都には、クラブラウンジが無いのですが、宿泊者全員にシャンパンディライトが提供されます。また、プラチナ特典のウェルカムアメニティは250スターポイントか、八翠でのスイーツチケットが選べましたので、折角ならばとスイーツチケット頂きました。

f:id:gmkb:20180607225026j:plain

続きはコチラをご覧ください。

www.82otoko.com

 

スポンサーリンク