82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

検証:ヒルトンステータスマッチ ダイヤモンド獲得

ご覧いただきましてありがとうございます、82年おとこです。

最近のホテルプログラムでは、プラチナチャレンジやSPGとのシステム統合など、マリオット界隈が賑やかですが、そこで獲得したプラチナステータスの有効活用を考えると、ヒルトンのステータスマッチが魅力的ではないかと試してみました。

結果、マリオットのプラチナエリートからステータスマッチで、無事にヒルトンダイヤモンドを獲得することが出来ました。ただしステータスマッチですので、条件付き期間限定のステータスとなります。その詳細は後半に。

f:id:gmkb:20180626234709j:plain

実は、以前にもヒルトンのステータスマッチを行ったことがあるのですが、当時はマリオットゴールド からの申請で、ダイアモンドへのステータスマッチは成功しませんでした。他の方のブログでは、マリオットゴールド からヒルトンダイヤモンド獲得、という記事を目にしたりもしたので、大丈夫かとも思ったのですが。。。

その時の経緯は下記の記事に記していますので、よろしければご覧下さい。

www.82otoko.com

ヒルトンのステータスマッチは↓から申請できます。

Status Match

f:id:gmkb:20180626234903j:plain

申請フォームは上から名前、苗字、メールアドレス、ヒルトンオナーズ番号、ステータスマッチの元にするホテルプログラムの選択、所有するステータスを入力します。

f:id:gmkb:20180626234923j:plain

続いて、ステータス元ホテルプログラムのアカウント画面のスクリーンショットをアップロード。

f:id:gmkb:20180626235001j:plain

その下は、過去一年間の宿泊実績のスクリーンショットをアップロードします。

f:id:gmkb:20180626235015j:plain

以上で申請は完了です。あとは反映まで5営業日ほど待つばかりです。ちなみにスクリーンショットは、英語表示のページでなければ処理されませんのでお気をつけ下さい。

f:id:gmkb:20180626234937j:plain

申請から3日後、無事にヒルトンダイヤモンドへステータスマッチが成功しました。ステータスマッチの期限は90日間、この期間に8泊達成することで2020年3月31日までダイヤモンドが付与されるようです。が、フォーマットが古いようで2019年バージョンで届いてしまっています。

f:id:gmkb:20180626235039j:plain

マリオットのプラチナチャレンジは実質4ヶ月ほどの期間で9泊というハードルに対して、ヒルトンのステータスマッチは90日間で8泊と少しタイトですが、その間もダイヤモンドとして宿泊が出来ることを考えると、気持ち的にも楽かなと思います。

ヒルトンのゴールドとダイヤモンドの大きな違いは、やはりラウンジアクセスが付く点ではないでしょうか。また、スタンダードスイートを含めたアップグレードも魅力かなと思います。

f:id:gmkb:20180626235049j:plain

スイートアップグレードについてはゴールドの時でも、コンラッド東京やヒルトン東京、ウォルドーフ・アストリア上海オンザバンドではスイートアップグレードがありまたので、このあたりは各ホテルの運用によるのかなと。ただ、こう明記されていると安心感はありますよね。

以上、マリオットプラチナを活用した、ヒルトンダイヤモンドへのステータスマッチをご紹介しました。

追記:2018年6月28日

ステータスマッチで8泊達成後のダイヤモンド継続期間は、2020年3月31日までで間違いないようです。後日、このようなメールが届いていました。

f:id:gmkb:20180628221600j:plain

スポンサーリンク