82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

宿泊:ウェスティンホテル東京 キングエグゼクティブクラブルーム PLATINUM PREFERRED Jly.22,2018

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

本日はウェスティンホテル東京のご紹介です。ホテルは恵比寿ガーデンプレイスの一番奥に位置し、最寄りの恵比寿駅から徒歩だと10分弱かかりますが、屋外に出ることなくアプローチが可能です。

f:id:gmkb:20180723163051j:plain

www.westin-tokyo.co.jp

 宿泊はspgAMEXの更新時に付与される、無料宿泊特典を利用しました。

www.82otoko.com

ウェスティンホテル東京は、1994年の開業から四半世紀の時を経ており、クラシカルで重厚な雰囲気は今なお健在といったところです。

f:id:gmkb:20180723170331j:plain

最近多く見られる和モダンなテイストや、こざっぱりとした印象のホテルとは逆行する華やかで豪華な内装の数々は、ほどよい緊張感とともにゲストを迎い入れてくれるようです。

f:id:gmkb:20180723170407j:plain

エレベーターホールにも、このホテルらしい設えが見て取れます。

f:id:gmkb:20180723171149j:plain

到着は13時過ぎ、部屋の準備が整うまで17階のラウンジでゆっくりさせてもらいました。プラチナ特典は500スターポイント、またはボトルウィスキーの選択でしたので、ありがたく500スターポイントを頂きました。

f:id:gmkb:20180723171008j:plain

この時間帯のラウンジは、ソフトドリンクに加えてスナックやパン、ケーキなどが提供されます。外資系ホテルとしては客層は日本人が多く、外国人客が思いのほか少ない印象です。

f:id:gmkb:20180723171743j:plain

なかなか美味しいケーキです。ついつい食べ過ぎてしまいます。

f:id:gmkb:20180723171754j:plain

30分ほどでお部屋の準備が整いました。トラディショナルルームの予約でしたが、プラチナ特典のアップグレードで、エグゼクティブクラブルーム(キング)へアサインされました。

f:id:gmkb:20180723172041j:plain

部屋のカテゴリーはトラディショナルルーム、デラックスルーム、エグゼクティブクラブルームまでは同じ面積で、大きくは低層階か高層階、エグゼクティブクラブルームにはラウンジアクセスが付くといった点が異なります。さらに、スイートが3種類用意されています。

f:id:gmkb:20180723215000j:plain

お部屋の面積は42平米、この価格帯では標準的な感じです。

f:id:gmkb:20180723173544j:plain

入口の扉を開けた様子です。

f:id:gmkb:20180723173943j:plain

右手はバスルームとトイレです。

f:id:gmkb:20180723174000j:plain

ベイシンはシングルですが、広めで使いやすいです。

f:id:gmkb:20180723174354j:plain

アメニティはウェスティン標準のホワイトティーシリーズ、これはいい香りですね。

f:id:gmkb:20180723174411j:plain

その他、歯ブラシやコットン、ボディスポンジなど過不足なく揃えられています。なお、基礎化粧品はリクエストベースでDHCのセットが用意されています。

f:id:gmkb:20180723174429j:plain

バスタブは標準的な仕様。ゆっくり浸かるには、もう少し深さが欲しいかなといったところです。

f:id:gmkb:20180723174531j:plain

シャワーブースはバスタブの反対側にあります。

f:id:gmkb:20180723174626j:plain

トイレは新しくはないですが、清潔に保たれています。

f:id:gmkb:20180723180123j:plain

クローゼットの中にはアイロンとバスローブ、スリッパが用意されています。

f:id:gmkb:20180723180644j:plain

コーヒーはネスプレッソなどのカプセルタイプではなく、ハミルトンビーチのドリップ式コーヒーメーカーです。

f:id:gmkb:20180723180348j:plain

ミニバーやセキュリティボックスの納められたアーモア。

f:id:gmkb:20180723180619j:plain

快適な睡眠が約束されたヘヴンリーベッド、部屋全体の調度品はしっかりメンテナンスが行われいるようで、綺麗な状態を保っています。

f:id:gmkb:20180723180925j:plain

ベッドサイドにはドレッサー。

f:id:gmkb:20180723180939j:plain

テーブルは大きさが確保され使いやすいですが、インテリアに合わせてか見た目重視のチェアは長時間の使用には向かないようです。

f:id:gmkb:20180723181141j:plain

窓際にはソファとテーブル。水回りを比較的コンパクトにまとめることで、リビングスペースをしっかり確保できています。

f:id:gmkb:20180723181252j:plain

窓からの眺めは恵比寿ガーデンプレイス、ジョエルロブションが眼下に見えます。

f:id:gmkb:20180723181459j:plain

テレビ台の下には、DVDプレイヤー、パジャマ、大型のセキュリティボックスが用意されています。

f:id:gmkb:20180723181902j:plain

ラウンジのカクテルタイムは17:30から19:30まで。お酒の弱いボクはもっぱら食べるメインですが、フード類は品数豊富に味も良く、満足出来る内容です。また、この時間帯は、一階のザ・バーの利用も可能となっています。こちらは限定メニューのフリードリンクでフード類は有料です。お酒好きな方には嬉しいサービスですよね。

f:id:gmkb:20180723182021j:plain

補充される度に、新しい料理が出される点は良いですね。

f:id:gmkb:20180723182402j:plain

フルーツカクテルやプリンなど、デザートも揃っています。

f:id:gmkb:20180723182423j:plain

最後に、ケーキを頂いてごちそうさま。

f:id:gmkb:20180723182447j:plain

翌朝、無料サービスの靴磨きから戻った靴とご対面、綺麗に仕上げてくれました。ビジネス利用の方などは、このサービス重宝しますね。

f:id:gmkb:20180723214027j:plain

朝食は三か所用意されています。22階のフレンチレストラン”ビクターズ”のコース、1階のレストラン”ザ・テラス”のブッフェ、ラウンジのブッフェの利用が出来ます。今回はビクターズで利用してみました。

f:id:gmkb:20180723214223j:plain

レストラン内は広々とした作りで、朝食を利用される方も少なく静かな空間です。

f:id:gmkb:20180723214512j:plain

朝食はセレブリティブレックファストというコースです。コーヒー、紅茶に加え、スターター、パンやシリアルなど、メインから好きな各一品を選択する内容です。

f:id:gmkb:20180723215027j:plain

スターターはスムージー、シリアルバーが添えらます。

f:id:gmkb:20180723215248j:plain

フレンチトースト、バゲットを使ったフレンチトーストは、適度な歯ごたえがあって美味しいです。また、オレンジも良いアクセント。

f:id:gmkb:20180723215446j:plain

サラダプレートは温泉卵が二つと、アボカドがたっぷり入り結構ボリュームあります。

f:id:gmkb:20180723215544j:plain

妻はスターターに低脂肪ヨーグルトのバナナ添え。

f:id:gmkb:20180723215706j:plain

ブレッドバスケット、温かいプレートで提供されます。

f:id:gmkb:20180723215823j:plain

パワーアップと名付けられたステーキプレート、マッシュポテトやフライドエッグも添えられます。

f:id:gmkb:20180723220016j:plain

食後、部屋に戻る前にラウンジを覗いてみたら、ついつい手が伸びてしまい、ビクターズで食べなかったお肉を少し頂きました。

f:id:gmkb:20180723220243j:plain

フルーツやヨーグルトも種類豊富に揃っています。

f:id:gmkb:20180723220255j:plain

レイトチェックアウトは16時まで可能とのことでしたが、その後の予定もあり12時頃にホテルを後にしました。

今回は無料特典での予約でしたが、サービスやラウンジの内容を考えると、満足度の高い宿泊となりました。また、系列は異なりますがラウンジの印象は、ヨコハマグランドインターコンチネンタルのそれに似た雰囲気を感じました。

www.82otoko.com

スポンサーリンク