82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

ランチ:グリロジー@ヒルトン東京お台場

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

本日はヒルトン東京お台場のグリル料理レストラン、”グリロジー”をご紹介します。今回は一休のプラン(2コースランチセット+ワンドリンクで2,980円)に、デザートを追加する変則的なオーダーで合計4201円(サ・税込)となりました。

f:id:gmkb:20180822091922j:plain

グリロジー バー&グリル

食べログ グリロジー バー&グリル

内容は下記のメニューからスターター、メインディッシュ、デザートをそれぞれ選びます。

f:id:gmkb:20180822092150j:plain

f:id:gmkb:20180822092200j:plain

ワンドリンクサービスですが、アルコールに弱いボクと妊娠中の妻は、ノンアルコールのスパークリングワインで乾杯としました。

f:id:gmkb:20180822092650j:plain

パン(3種)とスープ(ミネストローネと冷製パンプキンポタージュ)は、ブッフェ形式となっています。

f:id:gmkb:20180822092458j:plain

スターターは”牡蠣のポーチ フレッシュトマトカッペリーニとマッシュルームサラダ”

大粒の牡蠣と気持ち良い喉越しのカッペリーニ、磯の香りが豊かな夏らしい一皿です。

f:id:gmkb:20180822092335j:plain

メインディッシュは”オーストラリア産ビーフサーロイン200g”

グリロジーのランチといえば、このサーロインステーキとも言える人気メニューです。付け合わせのマッシュポテトとラタトゥイユ、そして大きなアスパラガスと相まってボリュームある一皿。また、中東発祥のナッツを用いたスパイス”デュカ”がアクセントに添えられ、風味豊かな香ばしさが手伝って肉を飽きずに食べ進められます。

f:id:gmkb:20180822093009j:plain

デザートは”ピスタチオのシフォンケーキ”

”いちじくのケーキ”をオーダーしたのですが、早々に欠品とのことで”ピスタチオのシフォンケーキ”になりました。味は悪くないのですが、内容的に少し残念なデザートでした、これで1000円取るのなら、改善の余地有りではないでしょうか。

この後、コーヒーか紅茶を頂いてごちそうさまです。

最後のデザートで少しガッカリとなりましたが、他は総じて美味しく、サービス含め気持ちの良いランチタイムを過ごすことが出来ました。

f:id:gmkb:20180822093126j:plain

ここからは妻がオーダーした内容です。

スターターは”シーフードキャンディーバーとアヴォカドクーリー ポピーシードのパイを添えて”

サーモンのムースをアイスキャンディーに見立てた一皿、一口もらいましたが、濃厚な旨味を味わえます。ビジュアルの面白さだけでなく、味もしっかりとした内容です。

f:id:gmkb:20180822093331j:plain

メインディッシュは”骨付き子羊のグリル” 

柔らかな肉質の子羊は、味付けともに安定の美味しさです。一方で、肉自体の匂い全く気にならないのですが、添えられたポレンタに羊臭が結構移っていて、この辺りが苦手な方は気になるかもしれません。

f:id:gmkb:20180822093504j:plain

デザートは”パッションフルーツとマンゴーのエスプーマ チョコレートアイスクリームアーモンドクリスプ添え”

甘さと酸味のバランスに優れた王道の一皿、エスプーマに浮かべられたチョコレートクッキーが味では無く、食感として程よいアクセントになっています。

f:id:gmkb:20180822093622j:plain

スポンサーリンク