82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

宿泊:コンラッド東京 キングエグゼクティブベイビュールーム DIAMOND(ステータスマッチ5滞在目) Aug.22,2018

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

ヒルトンステータスマッチの5滞在目、今回はコンラッド東京に宿泊してきました。宿泊料金は49,670円(サ・税込)から、アメックスの7,000円キャッシュバックキャンペーンが適用され、実質42,670円となりました。宿泊実績を稼ぐ目的としてはコスト面で割りが合わないですが、久しぶりのコンラッド東京を楽しむという点においては、満足な結果となりました。f:id:gmkb:20180824233833j:plainwww.conradtokyo.co.jp

ホテル到着は11時半、チェックインだけお願いしようかと思ったら、部屋の準備が整っているとの事でしたので、エグゼクティブラウンジで飲み物とお菓子を少し頂いてからお部屋へ。その後、ランチでチャイナブルーを訪れました。f:id:gmkb:20180824235147j:plainwww.82otoko.com

ランチの後は、部屋へ戻る前にラウンジに寄って一休み。この時間帯(15:00~17:00)はアフターヌーンティーで、サンドイッチやケーキなどが用意されていました。f:id:gmkb:20180825000034j:plain

ケーキ各種、甘さ控えめで上品なお味。f:id:gmkb:20180825000214j:plain

スコーンやムース、種類が豊富とは言わないまでも、軽くつまむのには丁度良い感じです。f:id:gmkb:20180825000404j:plain

チョコレートやナッツ類もあります。f:id:gmkb:20180825000559j:plain

午後のひと時に最適な環境が整います。f:id:gmkb:20180824235746j:plain

それでは続いてお部屋の紹介です。アサインされたのは36階の3639号室、キングエグゼクティブベイビュールームです。当初、予約のキングシティールームからベイビュールーム→エグゼクティブシティールーム→エグゼクティブベイビュールームへと、3段階のアップグレードとなりました。

f:id:gmkb:20180824235450j:plain

お部屋の広さは48平米、コンラッド東京においてスイート以外は全て48平米あり、部屋の設備や広さに関してはハズレがないホテルとも言えます。

一方で、スタンダードルームもエグゼクティブルームも部屋の設備に差は無く、強いていうならば設定される階数の違いくらいなので、ラウンジアクセスが付帯するダイヤモンドという状況であれば、スタンダードルームでいいのでスイートにアップしてくれたら嬉しかったかなと。いやいや、このお部屋でも十分なんですけどね。f:id:gmkb:20180825000907j:plain

ベイビュールームのハイライトは何と言っても、この眼下に広がる浜離宮と東京湾越しに見えるお台場、その開放感溢れる眺望にあると言えます。f:id:gmkb:20180825002105j:plain

ガラスに濃いめの青色が入っているので、写真に撮るとやたらと青々していますが、実際にはもう少し自然に見えます。目に優しいこの景色は、ずっと見ていても飽きない不思議な魅力があります。f:id:gmkb:20180825002241j:plain

お部屋に入ってしばらくすると、ウェルカムスイーツが届けられました。内容はフィナンシェに最中、ブールドネージュと和洋折衷です。f:id:gmkb:20180825002511j:plain

デスク上には余計なものは無く、広さも必要十分な作業環境が整っています。また、ヒルトンらしく、チェアも座り心地良く機能的なものが用意されています。

f:id:gmkb:20180825001046j:plain

テレビは壁掛けの標準的なものです。f:id:gmkb:20180825001215j:plain

コーヒーマシンはネスプレッソ、ボトルウォーターは2本常備されています。また、ターンダウンの際にはいずれも補充されます。f:id:gmkb:20180825001359j:plain

テレビの下のアーモアには、ミニバーを納められています。f:id:gmkb:20180825001512j:plain

バスルームはガラス張りになっていますが、入浴時などはブラインドを降ろすことが可能です。f:id:gmkb:20180825001757j:plain

バスルームはゆったりとしたスペース確保されています。f:id:gmkb:20180825073839j:plain

印象的な照明とダブルボウルのベイシンもまた、このホテルらしい設計です。f:id:gmkb:20180825074053j:plain

アメニティは十分に揃っています。ただ、基礎化粧品はリクエストベースとなり、オムニセンスのセットが用意されています。また、男性用のバスアメニティとしては、リファイナリーフォーメンのリクエストが可能です。f:id:gmkb:20180825074345j:plain

バスタブは長さ深さ共に十分。ガラス壁面のブラインドは閉められますが、出来たらこの開放感のもと湯舟に浸かりたいものです。

f:id:gmkb:20180825073947j:plain

シャワーブースはバスタブの反対側にレイアウトされ、ハンドシャワーとレインシャワーが備えられています。f:id:gmkb:20180825074511j:plain

シャンプーなどのバスアメニティはシャンハイタンの他、テンプルスパのリクエストも可能です。でも、このマンダリンティーの香りは良いですね。f:id:gmkb:20180825074623j:plain

トイレはシャワーブースの横にあります。f:id:gmkb:20180825074709j:plain

陽も沈みだす頃、ラウンジではイブニングサービス(18:00~20:00)が開始されます。アルコールとオードブルが振る舞われます。日中もそうですが、コンラッド東京のラウンジはそれほど混み合わない印象です。平日に宿泊というのもあるのでしょうが、終日に渡り快適な空間が広がります。f:id:gmkb:20180825074851j:plain

お部屋に戻るとターンダウンが済み、枕元にはコンラッドベアがちょこんと並んでいます。特に使い道が無いコンラッドベアですが、貰うとやっぱり嬉しくなりますよね。f:id:gmkb:20180825075009j:plain

朝食はラウンジの他、28階のオールデイダイニング”セリーズ”の利用も可能です。今回はゆっくりとセリーズのフルブッフェを楽しみました。f:id:gmkb:20180825082934j:plain

野菜やフルーツが豊富に揃い、見せ方も綺麗なブッフェテーブルです。f:id:gmkb:20180825083043j:plain

コールドカッツ、チーズが豊富に用意されています。f:id:gmkb:20180825083152j:plain

肉々しいホットミールも魅力的です。f:id:gmkb:20180825083302j:plain

パンもハード系からデニッシュ、ワッフル、パンケーキなど標準以上の品揃えです。f:id:gmkb:20180825083425j:plain

今回はセリーズと続く、コラージュ側の窓側シートに案内されました。f:id:gmkb:20180825225107j:plain

まずはサラダからいただきます。f:id:gmkb:20180825224853j:plain

卵料理は一品、テーブルオーダーになります。ランチェロ風オムレツを頼んでみましたが、サルサソースベースで結構ボリュームある一皿でした。f:id:gmkb:20180825225403j:plain

妻のオーダーはフレンチトースト。f:id:gmkb:20180825230757j:plain

サーモンやチーズの他、ニシンのマリネが美味しかったです。f:id:gmkb:20180825225614j:plain

幸せな気分になるパンの数々。マンゴーデニッシュやクリームチーズを挟んだクロワッサンなどは、デザートとしても楽しめます。f:id:gmkb:20180825225816j:plain

最後にフルーツをいただいて、ごちそうさま。美味しい朝食でした。f:id:gmkb:20180825230547j:plain

食後は、29階の”水月スパ&フィットネス”のプールで少し運動を。f:id:gmkb:20180825231010j:plain

ロッカールームは広く、設備も整っています。f:id:gmkb:20180825231304j:plain

デトックスウォーターや温かい黒豆茶など、優しい飲み物に癒されます。f:id:gmkb:20180825231539j:plain

 

プールはしっかりと25メートルのものが用意されています。f:id:gmkb:20180825231913j:plain

汐留のビル群の中に浮かぶ、印象的な空間です。f:id:gmkb:20180825232050j:plain

プールサイドにはお決まりのラウンジャーが並びます。f:id:gmkb:20180825232200j:plain

また、ペアシートのような大きなものもあります。f:id:gmkb:20180825232331j:plain

そんな感じで、久々のコンラッド東京を楽しんできました。普段は朝食後、仕事へというパターンが多いボクですが、たまにはゆっくりとしたホテルステイも良いですね。

スポンサーリンク