82年おとこ、77年おんな。

日々の生活、時々、旅行。マイル、ホテル、クレジットカード、仮想通貨、広く浅く触れています。

予約:旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。

私ごとですが昨年12月に長男が生まれまして、この度、久しぶりのホテルステイを考えています。当初は都内など近場のホテルを考えていましたが、一泊ですがのんびり過ごすならば少し足を伸ばしてみようかと、旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン(以降、旧軽井沢KIKYO)を予約してみました。

www.kyukaruizawa-kikyo.com

宿泊予定は3月上旬、春の訪れにはまだまだ早い軽井沢、それ故にこのホテルとしてはお手頃なレートが並んでいました。また、部屋のカテゴリーはスーペリア(予約日は表示無し)、デラックス(ペット対応部屋有り)、コートヤードデラックス、プレミアム、プレミアム和洋室、コートヤードスイートで構成されていますが、料金に大きな開きが無いもの特徴です。

スーペリアを除き、部屋の広さは40平米以上、2室構成のプレミアムとスイートに関しては56平米、室内の備品については共通の内容となっています。カテゴリー分けはあるものの、客室の序列に縛られない考えが料金にも反映されているようです。

f:id:gmkb:20190301231107j:plainf:id:gmkb:20190301231055j:plainf:id:gmkb:20190301231118j:plain

今回は最もリーズナブルなデラックスルームを一名料金で予約し、ヒルトンオナーズ特典の2nd Free Benefit利用の旨の連絡を入れておきました。料金はサービス料込のため、消費税のみ加算されます。f:id:gmkb:20190301231440j:plain

なお、一般的なシティホテルであれば、予約人数が一人でも二人でも料金に大差はありませんが、旧軽井沢KIKYOに関しては4000円以上の差額が出ていたので、念のために一人料金で予約を行いました。ちなみに下の内容が二名料金の内容です。f:id:gmkb:20190301231500j:plain予約から数日、宿泊5日前には宿泊に関するメールと電話が入りました。交通手段は新幹線か車か、新幹線であれば到着時間に合わせて送迎車を用意してくれる旨や、夕食の予定について、ベビーベッドが必要かベッドをハリウッドツインで用意するかなどから、アップグレードの希望についてまで。また、アップグレードに関しては広めが希望であれば、プレミアルームの他、デラックスルームだけれど54平米ある部屋も用意出来るとのことで、到着時に各部屋をショウルームして決めましょうということになりました。

宿泊の様子は後日、追って記事にてご紹介いたします。

スポンサーリンク