82年おとこ、77年おんな。

ホテルと買物の備忘録、徒然なるままに書いています。

宿泊:インターコンチネンタル横浜Pier8 クラブシティビュー アンバサダー June 2020 Vol.1

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。
今回はインターコンチネンタル横浜PIER8の宿泊の様子をお伝えいたします。
予約は公式サイトから、クラブシティービューダブルを、払戻可の会員専用料金で41,800円(サ・税込)というものでした。コロナ禍前であったら同内容で6万円位が多かったのではないでしょうか。

昨年2019年10月に開業したインターコンチネンタル横浜PIER8は、新港埠頭客船ターミナルと商業施設が一体となった、横浜ハンマーヘッド内のホテルであり、埠頭に建つホテルと言う事で、3方を海に囲まれた開放的な立地も大きな魅力です。
なお、ホテルの所有および運営は、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルと同じく、株式会社横浜グランドインターコンチネンタルホテルによるものです。
f:id:gmkb:20200629144139j:plain

www.icyokohama-pier8.com

横浜ハンマーヘッドの横を少し進むと、ホテルの車寄せとエントランスが見えてきます。ショッピングモールの賑やかさとは一転し、落ち着いた雰囲気が漂います。f:id:gmkb:20200629144235j:plain

タクシーで向かったのですが、車を降り名前を告げたところから、実にスムーズな案内をして頂けました。
また、到着が12時半と早かったですが、お部屋の準備は整っているとのことで、ひとまずクラブインターコンチネンタルラウンジ(以降、クラブラウンジ)でチェックインとなりました。
ホテルに一歩足を踏み入れると目の前に大きな螺旋階段があり、こちらは2階のレストラン&バーLARBOARDへと続いています。
f:id:gmkb:20200629141122j:plain

ホテルの客室は3〜5階に位置し、最上階の5階はクラブフロアとクラブラウンジとなっています。f:id:gmkb:20200629141217j:plain

クラブラウンジは広々とした空間にテーブル、ソファ、バーカウンターなど様々な席がレイアウトされています。
f:id:gmkb:20200629135956j:plain

また、13時までがクラブラウンジのブランチにあたり、何かお食事でもとおすすめ頂いたので、フレンチトーストを食べながらのチェックインとなりました。
ブリオッシュを使った厚みのあるフレンチトーストは、シナモンを効かせ甘さも控えめな美味しい一皿でした。f:id:gmkb:20200629135002j:plain

一歳半の息子は、好物のヨーグルトとバナナを頂いていました。f:id:gmkb:20200629140333j:plain

インターコンチネンタル横浜PIER8での、アンバサダー会員のサービスは以下の内容です。主要なサービスは赤字で表記しています。
客室アップグレード
16時までのレイトチェックアウト
・ミネラルウォーターサービス
2000円分の飲食クレジット(レストラン、バー、ルームサービス、ミニバー)
・無料インターネット
・優先チェックイン、チェックアウト
・ボーナスポイントまたはドリンクチケット

まず客室のアップグレードについて、シティビューまたはベイビューからは、ガーデンサイドの客室となり、面積は60〜73m2と広々したものですが、眺望は中庭のみと横浜らしさが皆無というものです。f:id:gmkb:20200629204210j:plain

これに関してはスタッフの方も強くオススメはされない様子でしたので、予約通りのシティビューのお部屋で行くことにしました。ただ、このホテルに関しては、スタンダードなベイビュー、シティービューの客室でも46m2あり、ゆったり過ごすにも全く問題はありませんでした。
また、アップグレードを行わない代わりに5000円分の飲食クレジットを頂きました。加えて、ドリンクチケットに関しても、クラブラウンジが利用出来、客室のソフトドリンクも無料の為、アルコールを殆ど口にしないボクは600ポイントを選びました。f:id:gmkb:20200629204215j:plain
チェックイン後、お部屋に向かいますが、こちらのホテルは廊下にセキュリティーの扉が設けられています。導線は区切られているものの、横浜ハンマーヘッドのショッピングモール隣接という設計上、宿泊ゲストのプライバシーを守る観点での設置でしょうか。f:id:gmkb:20200629142710j:plain

廊下の窓からは3階の中庭の様子が見えます。前述のガーデンサイドは、この中庭に面した客室となっています。f:id:gmkb:20200629142848j:plain

建物の外周を囲む形で客室が配置されますので、長い長い廊下が続きます。f:id:gmkb:20200629142801j:plain

クラブラウンジの丁度反対側、今回アサインされたお部屋はシティビューの518号室です。
温かみのある照明や木目の扉、そしてルームナンバーの置き方、最新のホテルだけれど、どこか懐かしさも混在する不思議な設です。
f:id:gmkb:20200629140807j:plain

客室の様子は、次の記事でご紹介いたします。
本日も最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク