82年おとこ、77年おんな。

ホテルと買物の備忘録、徒然なるままに書いています。

レビュー:ファイロファックス ヘリテージ

ご覧頂きましてありがとうございます、82年おとこです。
今回はファイロファックスのシステム手帳、ヘリテージバイブルサイズをご紹介いたします。
購入先はGLADDで8,200円(税込)、国内定価20,350円(税込)の6割引程で手にする事が出来ました。

システム手帳に関して今の時代、使う場面は多くはありませんが、堅牢なバインダーで様々なリフィルをまとめ、革のカバーで包まれた姿に魅力を感じるというか、文具好きのボクにとって刺さる部分の多いものがあります。

輸入代理店の製品紹介文は以下のようにあります。

システム手帳のパイオニアとして1世紀近く受け継いできたファイロファックスのフィロソフィーを体現したヘリテージ。

ファイロファックスの語源である「Filo of Facts」の精神に立ち戻り、情報を書き込んで管理することを追求したミニマルなモデルです。

バッファローレザーの滑らかな質感を引き立たせる無駄のないシンプルな佇まいは、気品と風格を漂わせデザインです。

f:id:gmkb:20200807082756j:plain

数多あるシステム手帳のブランドですが、ファイロファックスはその先駆者であり、以前に比べ品質が落ちたとか、生産拠点がアジアになったとか、昔を知る方から見たらネガティブなイメージを持たれることも多いですが、これだけデジタル化が進む中、ブランドを存続させていること自体、凄いのではないかと感じています。
また、製品の品質に関して、他ブランドで優れたものは多くありますが、ファイロファックスが持つ雰囲気、それはやはり他では味わえない独特のものがあると言えます、言葉ではうまく表現出来ませんが。f:id:gmkb:20200807082830j:plain

ヘリテージのデザインはその名が表すように、ファイロファックス往年の名品とされるウィンチェスターを踏襲しながらも、ファスナーボタンや、内装ポケットを取り除いたピュアなレイアウトが特徴です。
素材は柔らかでシボ感の強いバッファローが用いられ、一般的なウィンチェスターで採用されたモンタナカーフと質感は異なりますが、モンタナカーフ独自のハリとツヤ感を除けば、見た目の雰囲気はウィンチェスターに似ているのではないでしょうか。
また、ヘリテージに特徴として、本体と同じバッファローレザーの下敷きがセットされ、そこに伸縮性のあるペンループが備えられています。f:id:gmkb:20200807082817j:plain

下敷きにも本体と同じく、モデル名や革製である内容が記されます。f:id:gmkb:20200807082846j:plain

この下敷きは大きなポケットの構造となっており、上辺からあるいは中央のスリット部から出し入れが行えます。
本体に一切のポケットが無いことへの配慮であると同時に、サイズが制限されない分使い勝手が良いのではないでしょうか。
なお、このヘリテージバイブルサイズのリング径は23ミリで、同社の最もスタンダードなサイズと言えます。f:id:gmkb:20200807082914j:plain

最後に背表紙部分ですが、ここに入るステッチこそがウィンチェスターを彷彿とさせ、最初に記した、ファイロファックスならではの雰囲気の一つと言えそうです。
f:id:gmkb:20200807082926j:plain

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
お時間ございましたら、他の記事もぜひご覧下さいませ。

スポンサーリンク